クレジットカードの審査内容

クレジットカードを発行する時には、指定の審査に通る必要があります。そこで、クレジットカードの審査内容をこれからお話するので自分が審査基準をクリア出来ていると思ったらカードの発行を考えるようにしましょう。自信がない場合は申込むのを見送ることも大事です。

月収と年収は審査項目で一番大事

クレジットカードの審査では、月収と年収などの収入面が一番大事になります。なぜ収入が一番大事なのかというと、収入が多いとそれだけお金に余裕があると評価されるからです。つまり、自由に使えるお金が多くあ…

信用情報に問題がないことが必要

クレジットカードの審査に通るか否かの重要なポイントとして、信用情報が挙げられます。クレジットカード会社やカードローン会社、携帯電話会社など、個人にお金を貸したり、あるいは商品を分割払いで販売する会…

クレジット導入で悩んだら、決済代行会社にお任せ!

決済代行とは、クレジットの会社などの決済手段提供会社とクレジット決済を導入したいお店を仲介するサービスのことです。クレジット払いが普及しつつあり、そのようなサービスを行う会社も増えつつあります。

勤務年数で安定感を見られる

意外に大事な勤続年数

クレジットカードを作成する際には審査が必要になります。 年齢や年収、家族構成など様々な観点から審査が行われますが、その審査項目の1つとなっているのが勤続年数です。 正社員として働いているから必ず大丈夫と言う訳では無く、その内容までしっかりとチェックしているので注意をしましょう。 例えば、正社員で勤続年数半年の方よりも、契約社員の方で勤続年数が10年以上の方の方が職の安定感があると判断をされるケースがあるのです。 特に職を転々としている方は、すぐに職をやめてしまうと言うイメージを持たれ、審査に影響を及ぼす可能性があるので、注意が必要と言えるでしょう。審査が不安と言う方は最低でも勤続年数1年程度たってから申し込みを行うなどの工夫をするのも1つの手と言えます。

数字で全てが判断される

クレジットカードはその名前にもなっている通り、信用を基本としているカードです。 個人の利用者の方が後々、しっかりと返済をしてくれると言う事を信用して、カードでの買い物を認めています。 つまり、使った分のお金をしっかりと返済する事が出来る人で無ければ、信用に足ら無い存在となるので、カードの審査に落ちたり、限度額が低く設定されてしまうのです。 勤続年数が短い人は、その後、すぐに会社を辞めて収入が失われてしまうリスクが勤続年数が長い人よりも高いので、審査の際には影響が及ぶ事になります。 どれだけまじめで仕事に対して意気込みのある人であっても、クレジットカードの審査においては、年収や勤続年数などの数字でしか判断がされません。 クレジットカードの申し込みを考えている方は勤続年数の考え方に注意をしましょう。

クレジットカードの注意点