返済が遅れると信用情報において大きなマイナス

信用情報がマイナスになるとどうなる?

クレジットカードの返済が期限よりも1日でも遅れてしまうと、その時点で信用情報がマイナスとなってしまいます。 このように信用情報がマイナスになってしまった場合には、いわゆるブラックリストと呼ばれるものに記載されてしまうのです。そうなってしまうと今後新しくクレジットカードを作る際に審査に通過しなくなってしまったり、ローンを組めなくなる可能性が出てきます。また滞納の度合いが悪質であると判断された場合には、クレジットカードの利用制限がかかったり最悪の場合には利用停止となる可能性も出てくるのです。 これらは使用しているクレジットカードだけではなく、全社にわたって発生する問題なので注意が必要だとされています。

マイナスにならないためにはどうすればいいのか

信用情報を大きくマイナスにしないためには、基本として返済期限を守るという点が挙げられます。銀行系のクレジットカードの場合は期限が厳しく設定されていますが、一般的なクレジットカードであればある程度期限に猶予があります。 それでもどうしても期限内に返済することが難しいとわかった場合は、早目にクレジットカードの会社に連絡を入れておくことが大切です。返済が遅れてしまう旨を伝えておけば返済期限を延ばしてもらえる可能性がありますし、延ばしてもらえない場合でも連絡をしておかないと自分の立場が不利になりやすいと言われています。 ちなみに事前に連絡をしておけば信用情報に傷がつかないというわけではないので、その点を忘れずに返済していきます。